本を読みましょう:仕事はたのしいかね? あそこに本屋があるね

こんにちわ よしです

今回はビジネス書を読みました!と言うか、昔に読んだ本です

仕事は楽しいかね? デイル・ドーテン


仕事は楽しいかね? (きこ書房)

発売日: 2001/12/1 もう18年経つんですね・・・

今回は副業だー!やる気だー!と言ってましたが、まずは初心から始めようと思い読みました

これを読んだのは、10年以上前です

今では本社で管理職ですね、ちょっと偉くなったかな

今回はAmazonで買いました、家に残ってなかったです

読んでやっぱり良い

いま、ブログやSEOやお金稼ぎやら見てますが

根幹と言うか、考え方が初期に元に戻る


脳内ホリエモン、妄想

自分:稼ぎ方が分からないんですよー
ホリエモン:なんで?
自分:知識ないんですよぉー
ホリエモン:最初から知識なんかないんだよっ!まずはやれ!バーン!

こんな感じですね、


今回の本はおじいちゃんからの会話ですので、紳士なかんじです

内容はホリエモンと一緒です、0円は0円だからとりあえずやりましょうです

(試してみることに失敗はない)

(適切な時〟とか〝完璧な機会〟なんてものはないということ。)

(目標に関するきみの問題は、世の中は、きみの目標が達成されるまで、じーっと待っていたりしないということだよ。)

とにかくやれ!ですね

気持ちが変わりますね

やってから考えろ、

ビジネスマンの方なら皆さん読んだことあると思いますが、再度、読んでみましょう。

見たことがない方はぜひ買ってみてください

アマゾンレビュー

トライ・アンド・エラーではなくトライ・アンド・サクセスをイメージして、試すことが大切である。PDC(Plan、Do、Check)のDoは毎日できないかもしれないが、Tryなら毎日できる。昨年の仕事納めの日に、当社の社長が本書を若手社員に薦めていたのが聞こえたので、私も早速本書を「試して」みたことをつけ加えておこう。

ここが私の本屋です!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください