「ながら運転」スマホ運転/罰則強化(罰金3倍、一発免停もあり)

運転

こんにちわ よしです

今回は2019年12月施行の「ながら運転」の対応です

違反金や対応策や逃げ方を入れておきます

昨年12月に運転に対するスマートフォンの対応が問題なり※電話やポケモン

国として被害が出ないよう今年、警察庁が道交法施行令となりました

内容としては罰金強化、違反点数の強化となりました

 

国・警察の対応

 

国・警察庁としてはやはりスマートフォンでの電話や対応で、交通事故や悲惨な状況が起こるとしての対応です

ニュースでも子供や老人に事故が増え、車中に電話している人が多いからでしょう

横見ると運転している人が結構見えます

※正直、自分が車を運転して、信号で後ろを見るとブレーキ遅い人多いです、良く見るとスマホ持っています

 

警察庁からのホームページ抜粋

携帯電話使用時交通事故発生状況(平成30年)

携帯電話での事故発生がカーナビ中で1.4倍、携帯電話使用中は2.1倍の死亡事故

警察庁ホームページ

 

罰則等の強化

携帯電話使用時、事故発生時

改正前改正後
【罰則】 3か月以下の懲役
または5万円以下の罰金
【罰則】1年以下の懲役
または30万円以下の罰金
【違反点数】2点
(酒気帯び点数14点)
【違反点数】6点(免許停止)
(酒気帯び点数16点)
反則金 大型 12000円
    普通 9000円
    二輪 7000円
    小特 6000円
すべて罰則を適用

携帯電話の使用(保持)

改正前 改正後
【罰則】 5万円以下の罰金 【罰則】6カ月以下の懲役
または10万円以下の罰金
【違反点数】1点
(酒気帯び点数14点)
【違反点数】3点
(酒気帯び点数15点)
反則金 大型 7000円
    普通 6000円
    二輪 6000円
    小特 5000円
反則金 大型 25000円
    普通 18000円
    二輪 15000円
    小特 12000円

※「酒気帯び点数」とは呼気中アルコール濃度0.15mg/リットル以上0.25mg/リットル未満の酒気を帯びていた場合の携帯電話使用等違反の点数です(免許取り消しです)

私も運転していますから理解はしています

実際としてやはりニュースが多く、スマートフォンの事故が多発しているのは問題でしょう

運転しない人・電話しない人は危ないからやめろと言います

当然です、自分はしていないからです

この流れは日本人特有で、煙草や車酒気帯びなどと全く一緒です

日本人は人の流れに飲み込まれやすいのです

煙草は昔、電車でも吸っていました、そこから駅の中、駅の外、食事処も無くなってきました

酒気帯びも一気に点数が大きくなると、会社から問題が起きるから禁止等あり
これも一気に無くなりました

このイメージで今回のスマホ運転はなくなっていくと思います

 

ぶつけるよりも、ぶつけられた方が痛い

自分が怖い思いをするので確かになくなった方が良いと感じます

自分がぶつけられたらやっぱり怖いですよね?

ぶつける問題よりもぶつけられる問題をなくす方が安全です

 

ただ仕事で運転をしていると電話多いです

正直、自分はハイエースで動きますがトラックとか営業車では、お客様からの電話が非常に多いです

取らないと契約無くすという話も結構あります

※俺が電話してるのになぜ取らないんだってと言う人も多いです

目の前に警察いることだって結構あります

 

今、自分がしている事を2つ

Bluetoothのイヤホンとマイクで使用

簡単ですが一番安全、スマホ持って警察に見つかったら一回で2万も払うぐらいなら
Bluetooth入れといた方が安くなります

私が持っている2つ マイクは高め、イヤホンは耳が痛くならなければ問題ない

 

音楽も聴ける、LINE通話可能、スマホに通話変更機能。かなり高性能

イヤホン、大きく見えますが耳が全く疲れません、声もきれいに通ります

 

警察への対応

万が一捕まった場合です

スマホ事故での違反

対応できません、電話持っていた方が悪い
今はドライブレコーダーがあるので見つかったらアウトどうにもなりません

一発免停以上は覚悟しておいてください(免停はその日からではないです、お金は掛かりますが1日で戻せます)

とりあえずBluetoothは付けておきましょう、一発免停でお金取られるとり良いです

 

停止中は保持期間ではない

2.スマートフォンなどの携帯電話などを使用する場合

 運転中に、どうしてもスマートフォンなどの携帯電話などを使用しなければいけないときは、必ず安全な場所に停車してから使用してください。

警察庁ホームページ:やめよう!運転中のスマートフォン・携帯電話等使用 2019/11/24

警察庁のページに書いてあります
ただし、警察がそれを理解しているかは不明、会社のマニュアル読んだ人いますか? そんなものです

ただし分かっていて、言ってくる人間もいます
停止中は動いていません、停止中ですと言ってください、万が一少しでも動いたと言ったら罰金取られます

特に多いのがグーグルマップ関係です
踏切で待っていてマップ操作、動かしながら置こうとして捕まる。私の友達はこれでやられました
初めて聞いた時、確かに保持もしてない、見ていないで警察にあとで言いましたが無理でした
指紋あるでしょで終わりでした

 

まとめ

正直、「ながら運転」や「スマホ」運転はやむ得ません

きちんとやらないと被害が大きいと思います

ならばこちらもきちんとした対応を取らないとダメです

まずはBluetoothを持ちましょう

停止しているときは停止していると伝える事

この2つは頭の中に入れておきましょう

 

リンク集

警察庁

やめよう!運転中のスマートフォン・携帯電話等使用

政府広報オンライン

運転中の「ながらスマホ」が厳罰化! 違反点数が3倍、反則金も高額に! 一発免停も!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください