警視庁「ながら運転」罰金強化の件、取り締まり方法

車

こんにちわ よしです

前回、ながら運転の強化につき、警察が取り締まる方法も入れて置きます

前回の細かい状況

「ながら運転」スマホ運転/罰則強化(罰金3倍、一発免停もあり)

今回罰金が強化という事で一気に罰金3倍、警察ももちろんお金になるので

しっかり取りに来ます

警察にとって一番重要なのは、事故での違反ではありません

保持での違反です

 

ながら運転:事故での罰則

これは国として警察として危ないから、事故が出たら免停です

ただこれには費用対効果で警察にあまり恩恵はありません

手間を考えたら車のスマホ運転をとにかく無くしたい

特にトラック関係は多いですかね

 

ながら運転:保持での罰則

スマホ

 

警察がとにかくやるのは保持です

スマホを使っている人に罰金を取ります

車でもこっそーり近づいて違反切るでしょ

あれです

実際、今回の罰金で直接スマホで電話をする人はいないでしょう

でわ取り締まり場所はどこになるでしょう

 

取り締まり場所

警察

多分ですが、踏切と交差点でしかも後ろからになると思います

止まってるときは違反になりません

動いてる時のみです

止まって操作して置く瞬間の短い時間でしょう

 

対応策

基本的にはBluetoothのイヤホンなどを必ず使用してください

スマホを固定してください、持ってるだけアウトです

 

  

まとめ

ただ皆様勘違いしない方が良いです

運転免許証は乗る資格がある人に特別に作られています

警察が悪いわけではなくて、免許証があるのに違反している方が悪いと思った方が良いです

その為ルールです

何かありましたら、ここのページを見てまぁしょうがないか注意しようと思ってください

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください