子供向け用「傘のサイズ」:いつからの年齢と身長【2020最新】

傘

こんにちわ よしです
子供向けの傘のサイズ調整です
親子として子供に合わせて商品を選んでいきましょう!

子供用の傘のサイズは年齢や身長で選んでいきましょう

傘のサイズは「親骨」と言う商品を選びます

下に書いてありますのでチェックしましょう

伸長に合わせた傘のサイズをチェックしよう!(親骨のサイズ)

振り回されるサイズや車道に行ってしまう可能性があるのでバランスを調整してサイズを合わせていきましょう

3歳から6歳なら40cm~50cm

傘

傘の長さ×2=子どもの身長

傘の貼り方で親骨と直径が変わります(参考と思ってください)

年齢身長親骨直径
3~4歳85~100cm40cm約60~70㎝
4~5歳90cm~105cm45cm約65~75㎝
5~6歳105cm~120cm50cm約70~80㎝
6~7歳120cm~140cm55cm約80~90㎝

傘のサイズは年齢や身長、バッグを考えて傘を選ぶことが重要

  • 年齢で選ぶサイズ
  • 身長で選ぶサイズ
  • バッグのサイズを確認して選ぶ

キャラクターやデザインもありますが、身長にあったサイズを選んでいきましょう。


幼児・子供は風に煽られる可能性、風の抵抗があまりない傘を選びましょう

  1. 小さい目の方が風の抵抗が少ない
  2. 傘の貼り方で浅い物が抵抗が少ない

1番は少し小さめがオススメです、貼り方が浅い物は場所によりますが風が無い日が良い。


年齢・身長に合わせた傘の購入

幼児・子供の身長は大きく変わっていきます。

毎年、体にあった傘を購入して行きましょう、キャラクターも変わっていきますので毎年買う物を考えましょう。


小学生低学年なら55cm~:10歳ぐらいから大人用サイズ

傘
年齢身長親骨
6歳~小学生120cm~140cm 50cm~65cm
~小学生~中高生130cm~145cm50cm~68cm
大人女性用150cm~65cm以上
大人男性用160cm~70cm以上

小学生1年から3年生

身長が伸びてきますので、親骨55cmがおすすめです

体格・腕力・ランドセルと色々な物が選びますがランドセルがサイズを選びましょう

子供向けの素材

傘

子供向けの素材があります、我々が子供のころより安全性が高いので心配は少ないですが、子供には注しておきましょう

傘の透明部分(一番重要)

子供専用の傘になります、一部透明になっている部分があります

風が強い日など傘を前に倒しますので前が見えません、子供向けは透明な部分で前を見れるように工夫されています。

実はすごい便利な商品です、子供向けに絶対入れましょう。


傘の骨素材

金属やアルミではなく、グラスファイバー製を使いましょう、安全性が高いです、金属が折れて刺さる可能性が御座います

最近のグラスファイバーは軽くて丈夫です(折れた場合刺さる可能性があるので触らないよう注意してください)


傘の先っぽ

我々もありましたが当時、傘の先っぽが刺さることがありました、

子供は腕力がないので振り回すこともあるので先っぽは丸い商品にしましょう


傘のろくろ付き

小さな幼児でも指を挟まないようにつける器具です

あまり書いてないことが多いですがたまにあります、子供の指を挟まないように教えてあげましょう。

10歳ぐらいから大人サイズ

10歳ぐらいから腕力や身長が伸びて子供向けのサイズから大人向けに代わっていきます

キャラクターより二段傘やジャンプ傘、16本骨、台風用などが人気があります

10歳ぐらいだとランドセルやバックなどがありますのでそちらも見ていきましょう


おしゃれな16本傘

傘


短くて使いやすい折り畳み傘


ワンタッチジャンプ傘


耐強風傘

まとめ:親子で選ぶ傘

傘

子供の好きなキャラクター、身長や年齢を見ながら選んでいきましょう

「保育園」「幼稚園」「小学生」のころの傘は彩どりです

子供が楽しく選べる商品を買っていきましょう

年に2回ほど変えるのがおすすめだと思います、同じ傘だと楽しくないですからね、洋服みたいなイメージで動きましょう!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください