退職の相談!退職代行にお願いする前の気持ち

退職

退職に対し世の中に出回っている話あります
①退職は1カ月前に申し出
②会社が同意出来ないからやめられない
③規制があるので有給とか支払われない

結構、皆様の頭の中に入った記憶があります

一昔前は「それが普通」でしたが「今は違います」

そのために「退職代行」「弁護士」「労働組合」が出てきています

本来は「労働者の権利」を会社が言わない事が多いです

相手は知っているが言わない事で「手順を省く」「お金を払わない」人事の評価です

人事:お金払わないで済みましたー

お金が出なくて幸いだねー

このような会話がされています

気を付けて一つ一つ確認していきましょう!

ここに書かれているもの以外も分からなければ、「退職代行」に無料相談があるので聞くのも良い

①就業規則で1カ月前ではないと辞められない

民法では14日以上前に退職の意思表示が必要です
就業規則は認められることもあります
例外に、入社時に明示された労働条件と相違があった場合
即時に労働契約を解除がすることが出来ます

退職代行に電話した場合でも、民法で当日から14日過ぎればそのまま退職になります、またストレスが溜まる、パワハラで即時退職は問題ありません

②労働者を解雇する場合、1か月前に予告するよう決められていますが、労働者が「退職代行」使って何も言えないのでしょうか。

退職

民法には自己都合の退職に対し規制があります、14日以上前に退職の意思表示が必要

上記に書いてありますが、「退職代行」は電話やメールで退職する方法を知っておりますが、民事上の責任追及は不可能とは言えませんがブラック企業は「嫌がらせ」で裁判を行う可能性も0とは言えません

>>ブラック企業から即日退職代行で辞める、弁護士・非弁護のトラブル:金額&評価オススメランキング

基本的に不安があった場合は相談してみましょう、最初は無料ですので是非連絡してください

当日も可能ですが、後日での相談も教えてくれます

③上司から「リストラ・辞めてもらいたい」と言われた、「履歴にキズが出るし、就職に支障があるから自己都合で退職届出した方がいい」退職届を出した方が必要か?

退職届を提出する際は、本人の退職する意思表示とされます

リストラ・会社から辞めてもらいたい場合は、自己都合ではなく会社の都合になります

強要であった場合、解雇として扱われます、その際、翌月から給付金などもあるので「退職」が出来る所と相談しましょう

>>【退職後の人生】社会保険給付金サポート:全部プロに任せて28か月給付金が貰える安心感「退職コンシェルジュ」

時間がある場合なので退職後の方法を決めるために連絡しましょう

④退職金・有給を振り込むと言われ支払いがない可能性、どうすればいいか?

就業規則で退職金規制で支払する必要が御座います、支払がない場合は労働基準監督署にご連絡ください

>>全国労働基準監督署の所在案内:労働機銃監督署公式ページ

「退職代行」を使っていれば問題ありませんが、普通に退職する際は対応は自分になります、スマートフォンで内容を録音しておくのが安全です

>>ボイスレコーダー:アンドロイドページ
>>ボイスレコーダー – 録音アプリApp Store

Googleページ

家庭の事情で会社を辞めたいが退職届を提出しました、会社が同意してくれないと私は退職できないのでしょうか

民法で退職で会社の同意が必要と言うものはありません(民法第627条

退職は労働者の意思表示にあります、会社に承認は本来必要ありません、退職日や有給などは労働者が決める必要があります

言いづらい場合は「退職代行」を使い、即日辞めても問題ありません。

 「一身上の都合」により退職しましたが、同業他社への就職がバレて、退職金を支払ってくれません。

会社への規則中に「退職後の競業避止義務違反が発覚した場合には、退職金を支払わない」とあれば支払われない可能性が御座います

規定の有効性を民事訴訟等で争うことは可能ですが、基本的に持っている情報や売上を同業他社に渡す行為は「時間の無駄」なので本人が悪いと思います

⑦半年の雇用契約を結んでいるパート・アルバイト社員については退職はできない。但し、やむを得ない事情がある場合は、ただちに退職ができる。

基本的には退職出来ないことになりますが、現実的に難しく費用や時間を考えると膨大な経費を払う必要があるので、基本的には退職させられると思います

有給があった場合は「退職代行」を使いましょう

アルバイト・パートの人は下に見る可能性が高いです、「退職代行」を使う際は即時支払いが出来ます

会社に連絡する必要がないので良いと思います

>>退職代行ガーディアン:公式ページ
>>退職代行SABARA:公式ページ

まとめ:退職に対する相談

分からない場合は「退職の相談」をしましょう

即時でなければ相談は可能です

無理をする必要は全くありません

簡単な退職代行のメリット・デメリット

対応メリットデメリット
弁護士がいる場合全て対応可能金額が高い
労働組合がいる場合金額が少し安い裁判などは出来ない
退職代行のみ金額は一番安いお金の対応はできない
弁護士がいても労働組合でも退職代行でもやることは一緒です。内容は多少違いますがシステムはすべて一緒です
  • 弁護士は有給・未払い・退職金・裁判もすべてやってくれます
  • 労働組合は有給・未払い・退職金などお金に関することは出来ますが弁護は出来ない
  • 退職代行は安い分、お金の対応は出来ない。
対応弁護士つき労働組合退職代行のみ
退職連絡
電話対応
会社対応
有給×
未払い×
退職届×テンプレート付×テンプレート付
裁判××
退職代行をする弁護士をお勧めします

弁護士がいるだけではうまくいきません、「退職代行+弁護士」がある所が安全です、書類や説明は「退職代行の弁護士」でないとうまく説明出来ません

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください