人材紹介会社:一括紹介求人メールで連絡(求人:企業用・個人用)

仕事

いつも有難うございます、よしです!

今回は人材紹介用(求人・転職)の一括メールになります

1つは企業用(BtoB):人材紹介に見積もりや紹介方法の説明(前半)

1つは個人用(BtoC):人材紹介に地方限定・給与が能力によって上げられるのご案内が来ます(後半)

多分、一般の方は分からないと思いますのでまずは人材紹介と求人サイトの違いを説明致します。どっちも基本的には転職や求人と同じです、ただし同じ内容に見えますが少し違う部分があります。

追記:先日も定額使われ放題のサブスク公務員と言う話が出ていました

日経新聞より

公務員から転職した人の「業務量の割にやりがいがなく、給料が少ない。サビ残も多い」「残業時間ばかりが取り上げられて、実際それが理由でやめる人も半数以上いるけど、一方で仕事がない、やりがいがない、っていう理由で転職する人もいる」※最近、公務員関係が退職が多いらしいですが人材紹介に入る場合、仕入先や出庫先、メーカーなど色々持っていた方が進みやすいです。

公務員は人材紹介は経験があるからオススメです。

人材紹介と求人サイトの違い

人材紹介と求人サイトの違い

転職サイトは「求人情報」や「転職に関連するノウハウ情報」などを提供しているサイトです。企業の求人広告を作成・掲載する広告費で運営されており、ユーザーは無料でサイトのサービスを利用したり掲載求人に応募することができます。

一方、人材紹介は人材バンクとも呼ばれる厚生労働大臣の許可を受けて職業を紹介する民間の職業紹介業です。求人企業と求職者との間に入って、双方に最適なマッチングを図ることを目的としています。転職サイトを利用する場合は求職者自身が1人で転職活動を行うことになりますが、人材紹介を利用する場合はプロのコンサルタントのサポートを受けながら転職活動を行うことになります。

極論から言うと、求人サイトは個人です(数が多いけど安い)
人材紹介はコンサルト関係もありコンサルの第3者が入るので良い転職が受けられます!給与や休みなど考えたら絶対良い。(ブラック企業など止めてくれます)

企業用から人材紹介(BtoB)企業から紹介会社へ

階段

企業様はこちらの人材紹介は求人サイトと違い、能力を持った人間を紹介してくれます

その分、人材紹介会社には求人サイトより高い金額が必要です、安い金額で手を動かすのが最重要と言う方は求人サイトがお勧めです

人材紹介はもっと細かい所までやるので、社員の転職はお金が掛かります

その分、きちんとした人間が企業に入ってきています、気に食わない人間が辞めるとかほぼ少ないです、求人サイトで無駄な経費を使って数日で辞めると言う事がありませんか?

人材紹介用の能力=経験

そんな難しいものではありません

能力って何?
営業した事ありますか?接客出来ますか?経理とかやった事ありますか?エクセルで使えますか?文章書けますか?ブログを書いた事がありますか?通販やった事ありますか?機械とか直せますか?半田ごて使えますか?運転できますか?高い所平気ですか?修理とかやった事ありますか?軽く英語喋れますか?

能力と言う程のカッコイイいい言葉ではありません、以外に普通です。

人材紹介はこの能力企業合わせた紹介をするのがコンサルタントです

企業が細かい説明をすればやった事の人材が入るので辞める人も少なく、個人も希望にあった職種なので継続的に売上が上がる可能性が持っています

こちらが人材紹介になります、言われると結構簡単なものです。高いイメージもありますが、求人サイトに第三者が付くので外れが無くなります

まずは人材紹介一括.jpをしてもらえるのがオススメです。金額なども見れるだけでも良いと思います。

個人から人材紹介にエントリー(給料が上がる可能性が高い)

こちらは簡単です、先ほど上を見て頂いた方の人材紹介です

今の「能力って何?」に何となく「普通だろ?」と思う人は人材紹介経由で入ると安心感があります

まず大きな違いがあるのは、

求人サイトではあなたの能力ではなく全体的な器用さ・安全性を最重要とされます、人材紹介は一部の能力があれば問題ない。

人材紹介は企業から依頼があり
エクセルを使える人が欲しい→エクセルのSUMを簡単に使える人が欲しい→使える人に欲しいので案内(ある程度出来ればok)
通販やった人が欲しい→回す流れで出来る人が欲しい→通販経験のある人間に案内

出来る力があればすぐ採用が決まります、仕事している人は少し遅くなりますが、人材紹介は

能力=経験

と思った方が進みやすいです、皆さま求人サイトに出していると思いますが、まずは給与を上げる為にまずは、人材紹介にメールを出しましょう。

実は仕事中でも夜中に企業の部長や社長が近くまで来て、面接はなく簡単な話し合いがスタートです(企業にも寄ります)

まずは求職者にエントリーをすると良いと思います、よい能力を持った人が話し合いに来てくれるので安全性や危険性も見られます(最初はコンサルが来る事もあります)

まとめ:人材紹介(誰でも簡単)30歳から40歳が強い!

細かく説明しましたが、少しは何となくわかりましたでしょうか?

一番強いのは30歳以上です、20代は経験が少ないので人材紹介には少し厳しいです、40歳以下は求人サイト、30歳以上は人材紹介の方がよろしいと思います。

30歳~40歳は人材紹介・求人サイトを両方やってもよいと思います、給与を上げるなら高待遇を目指した方がよろしいです

あとは副業も考えていきましょう!会社を務めるのも厳しいです。(面倒)
副業で10万円、月間稼いでいたら仕事は緩い仕事も可能です。私も仕事辞めても良いぐらいですが年金とか社会保険など払っているので仕事しています。

求人・転職系一覧

短時間・単発バイトアプリ【タイミー】の評価・安全、求人や生産性を改善

1日だけ・1日から:フリーランス系【クリプラス】の評価・安全、求人や生産性を改善

仕事 転職サービス系 登録 ブラック企業から出ていこう!

求人・転職 看護師 ※表に出ない求人

退職代行

求人・転職 安全!退職代行サービス

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください