【退職後の人生】社会保険給付金サポート:全部プロに任せて28か月給付金が貰える安心感「退職コンシェルジュ」

給付金

退職前にご連絡ください、退職前に「社会保険1年以上」「退職日まで2週間以上の期間」がある方はすぐご連絡ください(有給があればもっと安全です)

退職のクライアントを含め市場全体で面談ベース月3000件以上ある市場です。

全国に多少、給付金サポートサービスがありますが小さなところ(地域密着型がほどんど)でまだまだ告知しきれていない状況です

28か月=2年4カ月給付金が頂けます=ひとつ不安が減りますよね。

※退職代行コンシェルジュとは違います、あちらはブラック企業をやめるための退職代行です、こちらは退職後のフォローが目的です。

退職代行を使う場合は先に「退職コンシェルジュ」に連絡しておきましょう、ただやめるだけで勿体ないです。

退職届けを出したらすぐに連絡しましょう、勿体ないです。

退職コンシェルジュが社会保険給付金サポート

退職後の費用などがご不安な方には”退職コンシェルジュ”をご案内しております。退職コンシェルジュの「社会保険給付金サポート」では、そんな不安を抱えている皆様に給付金の申請サポートを行っております。

退職の保険は大手に任せよう
失業給付は通常3ヶ月しかもらえませんが、皆様、20ヶ月以上の給付金をもらえる可能性がございます

これは残念ながら個人で出来るものではありません、手間がとにかく多く退職に慣れてる人は必要な流れが出来ているので簡単に済ませられます

『知らずに損した!』とならないよう、ご興味をお持ちの方はぜひ下記からお問合せください。

【退職コンシェルジュの対象者】

日本全国で対応可能!

社会保険に1年以上加入している (派遣やパートの方でも社会保険に1年以上加入していれば大丈夫です) (保険証に資格取得年月日が記載されています)

退職日まで2週間以上ある (1週間前でも対応できますが申請が難しくなる場合があります)

転職先が決まっていない

この3点が必要です、もしも気づいたらすぐご連絡してください。有給がある場合は退職日はもっと後になります

無料なのですぐにご相談しましょう

退職コンシェルジュサポート資料

退職コンシェルジュ資料

28カ月と書いてありますが45歳以上の場合30カ月と思ってください

細かく言うと「傷病手当金」+「失業給付」の合わせることです

退職コンシェルジュ資料

退職コンシェルジュの違い

退職コンシェルジュと「自分でやる場合」「行政・ハローワークの実態」「他社のデメリットがひどい」

<個人でやる場合>

・何も知らず3カ月程度しかもらえない(失業手当)

・知らないから何百万も損してしまう

・手間が多いので見逃す

・担当がきちんと説明しない

※100%相手が安くする方法を取ってきます

 

行政・ハローワークとの違い

・社会保険の給付金は、失業手当とは違う

・条件や申請方法が複雑なため社労士による申請でないとほぼ受給不可能

・退職前に満たす条件と退職後に満たす条件が多くある

・毎月の申請のため1回でも申請を間違えれば給付金が止まってしまう

・申請される分だけ行政が損をするので、行政からの案内はない

・むしろ条件を満たしていないと断られたり、調査されることも多い

・会社の担当者が間違えた知識を持っているために申請を断られる(70%くらい)

・受給までのステップが多いため個人で申請ができても6ヶ月以上かかることもある※結果として審査が通らないこともある

・引っ越し時に給付金が止まることがある

退職コンシェルジュ

他社のデメリット、退職関係

・情報はあるがサポートの実績がない⇒(弊社)3年半で1100名のサポート実績

・専用のサポートメンバーがいない

マニュアルだけを配布して、質問しないと教えてもらえない※そもそも質問内容がわからない方が多い、※あとからでは取り返しのつかない(受給できなくなる)場合が多い

・専用のオフィスがない(レンタルオフィスなど)

弁護士、社労士、医療法人と提携していない

満期受給後のサポートがない⇒(弊社)無料で転職先のご紹介(マイナビと提携)、転職できた際は5万円のキャッシュバックあり

退職コンシェルジュ

退職コンシェルジュと28カ月ずっとやって転職先も紹介してくれます、その間に副業で稼げるようになれば、給付金をもらって副業で稼げるようになります!

退職コンシェルジュQ&A

Q:紹介する方への条件

A:社会保険1年以上加入・退職日まで2週間以上の期間がある

Q:紹介した時はどうしましょうか?

A:電話でも問題ないです、LINEだと会話なしで調整してくれます

Q:手当は退職日から最短何カ月で受給できますか?

A:平均して退職日から2カ月ですが確約は出来ない
※一般的には2カ月後に受給されます

Q:受給しながら収入を得居る方法はありますか?

A:内職と言われる仕事がいくつか働き方がります
※1受給中でも内職は許可されています、自分が行う投資、不動産収入、物販等のネットビジネスや在宅ワーク等は問題ありません。労働とみなされない観点は範囲内で認められています

Q:手当が止まってしまうのはどんな時ですか?

A:雇用保険に加入すると手当が止まってしまいます
雇用保険は週20時間以上働ける場合、加入が義務付けられています。

まとめ:退職コンシェルジュの使い方

28カ月お金がもらえたら余裕ができるじゃないですか?

心が余裕になって色々な仕事も出来ると思います、副業をやったり人生を変えるために色々出来ます

ただ個人では絶対無理です、書類を取りに行くのでもまず無理です!退職コンシェルジュはもう書類そのまま持っています、それは早いですね

まずはメールやLINEでも良いと思います

でもそんなに長くもらえるのも悪いかな?と思っても

ちゃんともらうべきです!

国の制度であなたも保険料払っているのです、使わなければ誰かに使われるだけです、退職するときにきちんと使いましょう

帰ってくるお金・戻ってくるお金★★★★★

参考:【退職後】社会保険給付金サポート:全部プロに任せて28か月給付金が貰える安心感「退職コンシェルジュ」

参考:病気・怪我、もらえる!返ってくるお金!

参考:仕事・休職・退職・再就職 でもらえる!返ってくるお金!①

参考:仕事・休職・退職・再就職 でもらえる!返ってくるお金!②

参考:住まい・生活でもらえるお金、返ってくるお金

参考:廃車買取、廃車還付金制度について

参考:老後・リタイア後の貰えるお金・もどってくるお金

参考:結婚・ブライダル もらえるお金・もどってくるお金

参考:出産・子育て・単身世帯 もらえるお金・もどってくるお金

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください